1号炉排風機
ごみ(産業廃棄物)からエネルギーを作り出す事が、私たちの仕事です。 ごみからエネルギーを!をモットーに廃棄物の有効利用を考え行動しています。
>トップ>リサイクルエネルギー
RPFエネルギー
RPFとは?
RPFの問題点
RPF製造工程
いわき大王製紙
王子製紙苫小牧工場
王子マテリア(株)日光工場
北越製紙(株)

循環型社会を目指した九厘環境

RPFとは、再生が困難になった古紙や廃プレスチックを原料に使った高カロリーな新型固形燃料を意味します。
  産業廃棄物の歴史は、まず土に埋めることからが始まりとされています。しかし、人間が排出したごみを土に埋めてしまうのでは、地球環境に厳しい現代社会では問題です。処理方法にも大変厳しい制約がかかっています。そこで安定的な経済発展をするために誰もが納得のできる廃棄物リサイクルシステムが必要になります。
その基礎的条件とは?

1)環境保全上、全ての人々がほぼ納得しえるシステムであること。

2)廃棄物の発生は大量であるうえ継続性をもつのでそれに匹敵する継続性と大量の廃棄物のリサイクルシステムでなければその有効性は認められない。

3)経済的に成立すること。具体的に言えば、焼却や埋め立てなどの現在の処理システムに対するコストと同程度か、削減し得るシステムであること。

 一口にリサイクルはいいもの?問題点はないの?

リサイクルは大きく分けて、マテリアルリサイクルととサーマルリサイクルに分けられます。
マテリアルリサイクルとは、原料をもう一度製品化する(ペットボトルからペットボトル、ガラスからガラス瓶のようなもの)ことを言い、そのため、原料は単一化・均一化しなければなりません。
一方、サーマルリサイクルは、製品化することなく、熱源として使用されるためマテリアルリサイクルに比べ、原料の制約はあまりありません。
RPFもサーマルリサイクルに該当し、原料の製薬は塩ビ以外ほとんどなく、廃棄物のリサイクル処理としては、非常に取り組みやすい処理方法です。

マテリアルの問題

マテリアルでは受け入れる原料を単一化、均一化にしないといけない原則があります。更に再生材料を使って製品化するメーカーが少ないために、自社で製品を製造するラインも考えて事業計画を練るケースもあります。

サーマルの問題

サーマルの場合、受け入れ原料の制約は塩ビ以外のものはほとんど可能です。受け入れ原料の単一化、均一化も必要ありませんので、廃棄物処理としては取り組みやすいです。しかし、業種が限られています。これらの燃料を使用している業種は精錬業、セメント製造業、燃料を大量に使用する業種の一部に限られています。

 RPFの製造工程

原料と成る廃プラと木くず・紙くずは定量供給機迄それぞれ別々のラインで処理され、定量供給機により、一定の量に調整されRPF成型機に投入され混合・圧縮・成型され製品となります。

 プラ原料

プラ原料廃プラスチックの原料は、ポリ塩化ビニール(PVC)・不飽和ポリエステル樹脂(FRP)・アルミ蒸着品を除く可塑性のプラスチック類が対象となります。

 

 

 木紙原料

木紙原料木くず・紙くず・繊維くず専用のストックヤード。

 

 

 

 プラ破砕機

プラ破砕機プラスチック専用の3軸破砕機。

 

 

 

 

 木破砕機

木破砕機木くず・紙くず・繊維くず専用の1軸破砕機

 

 

 

 磁選機

磁選機細かく砕かれた原料から鉄くずだけを取り除きます。

 

 

 

 定量供給機

定量供給機細かく砕かれ、鉄くずだけを取り除いたプラスチックと木くず・紙くず・繊維くずはベルトコンベアで一旦、それぞれの貯留ホッパーに貯められます。 そして、貯留ホッパー下部に設置された定量供給機(スクリューコンベア)で一定量づつ供給されます。

 

 

 成型機

成型機(斜め側面)成型機(正面)

 

 

 

 

 

 

別々のラインで処理されていたプラスチックと木くず・紙くず・繊維くずは、定量供給機を経てフィードスクリューでブレンドされ、成型機内で150℃程度の熱で圧縮・成型されます。

 成型出口

成型機ストックヤード

 

 

 

 

 

 

 

成型されたRPF製品は、ベルトコンベアでストックヤードに運ばれます。

 RPF製品

RPF製品RPF製品は、6000〜7000Kcal。配合率は、プラスチック60%、木くず・紙くず・繊維くずが40%となっています。 製品は、いわき大王製紙王子製紙苫小牧工場王子マテリア(株)日光工場北越製紙(株)に出荷されます。

 

 

 

© gomienergy.com presented by kyoeikogyo co.ltd., all rights reserved.