1号炉排風機
ごみ(産業廃棄物)からエネルギーを作り出す事が、私たちの仕事です。 ごみからエネルギーを!をモットーに廃棄物の有効利用を考え行動しています。
>トップ>燃焼エネルギー
火の粉消し 二次燃焼室 バッチ炉本体 ロータリーキルン焼却炉 間接空冷塔 の説明へ ダブルサイクロンの説明へ 火の粉消し 再燃焼室 間接水冷塔 2号炉排風機 1号炉排風機 煙 突 の説明へ バグフィルター の説明へ バグフィルター の説明へ 間接水冷塔 間接空冷塔 の説明へ 廃プラスチック破砕機定量供給機
燃焼エネルギー
クリーン環境
バッチ炉本体
自動投入装置
二次(再)燃焼室
消石灰噴霧装置
温水冷却塔
間接空冷塔
ダブルサイクロン
バグフィルター
誘引排風機(ブロア)
煙突
ロータリーキルン
焼却炉
汚泥焼却ピット
パイプコンベア
最終処理先
 弊社では産業廃棄物を廃棄することによってできる「燃焼の力」をエネルギーに変えていきます。
ダイオキシンの国の規定値をはるかに抑えて、クリーンな環境を目指しています。
『廃棄物をエネルギーに!』をキャッチコピーにこれからも環境にやさしいエネルギー開発を進めていきます。
 バッチ炉本体
バッチ炉施設自然燃焼式焼却炉で炉内容積が約250m3有ります。強制燃焼炉と比べ焼却効率は多少落ちますが、焼却物の前処理が不要な事と焼却に関し、燃料が不要で非常に経済的な焼却炉です。
 自動投入装置

間欠式の自動投入装置で、焼却物の投入ピット内寸は

3.6(L)×2.6(W)×2.6(H)m

有り、長尺物でもそのまま投入が可能です。投入ピットの焼却物は外気と遮断された状態で炉の側面から炉内にプッシャーで押し込みます。

 二次(再)燃焼室
二次(再)燃焼室は主燃焼室から流れ込む未燃ガスを2基の重油バーナーで常時800〜1,200℃で完全燃焼させます。
 消石灰噴霧装置
5%の活性炭を混入した消石灰を火の粉消しからバグフィルター間の煙道で常時噴霧しています。消石灰の化学反応で塩化水素を塩化カルシュームに、再合成してしまったダイオキシンは活性炭で吸着させます。
 バグフィルター
バグフィルター バグフィルターは、内部の耐熱性濾布を煙が通過する事で煙を浄化させます。
出口含塵量:0.03g/Nm3以下。

 温水冷却塔(ロータリーキルン)
温水冷却塔は、二次(再)燃焼室から流入する排ガスを550℃迄冷却します。
 間接空冷塔

空冷塔

間接空冷塔は、550℃で流入する排ガスを150℃に一気に冷却し、ダイオキシンが再合成しやすいと言われている250〜400℃の温度帯域を短時間で通過させます

 ダブルサイクロン
ダブルサイクロン ダブルサイクロンは、遠心力を利用した集塵装置です。ロータリーキルンは粉状・泥状の焼却物が多い為、バグフィルターの負担を軽くする為に設置しています。
 誘引ブロア
誘引ブロア 誘引排風機は、焼却炉内部の状況を感知し炉内を一定の負圧に調整しながら、煙を煙突に送ります。
 煙突
煙突 煙突は、規制値を大幅にクリアしたクリーンな煙を排出します。
 ロータリーキルン焼却炉
常時バーナーで焼却する強制燃焼式焼却炉で、自燃しづらい焼却物(汚泥等)の処理を行います。
 汚泥焼却ピット及びパイプコンベア
焼却汚泥はピットに一旦保管され、底部に設置されたパイプコンベアに依って外気と遮断された状態でロータリーキルンに連続的に自動投入されます。
 

© gomienergy.com presented by kyoeikogyo co.ltd., all rights reserved.